法定相続人でないのに遺産はもらえるか?

もし、父に仲良くしていた愛人がいたら?

死亡後、相続人以外の方に財産を渡すことは遺言でなら可能です。
しかし、受贈者が愛人の場合、その行為が公序良俗違反とみなされ、無効となる場合もあります。
また、愛人と父が不倫関係にあったと場合、愛人が父に配偶者がいることを知りながら(故意)、あるいは知りえたにもかかわらず(過失)、父と肉体関係をもったときには、不法行為が成立し、妻は愛人に対してその精神的損害の賠償を請求することができます。
この時効は3年ですが、生前から愛人の存在を知っていたので、愛人と夫が具体的に付き合いがあった最後の時から妻は3年以内なら請求は可能です。

相続 遺言


上記についてアドバイスを希望していませんか?

まずはワンコイン相談にてお気軽にご相談下さい。

相続 遺言