【NEW!!】「遺留分」とは

遺留分とは、家族の最低限の相続分を保障する制度です。

※ 1年以上前の贈与でも、遺留分を侵害することを知ってなされた贈与は、その対象になります。

※ 住宅資金を贈与する時に気をつけたい事

「相続時精算課税制度」を利用した贈与も遺留分の対象となる可能性があります。

住宅資金を贈与する際には、他の兄弟にもお話しておいた方がよいでしょう。

遺留分減殺請求 とは

 上記の遺留分を侵害されている相続人は、遺留分を侵害している

 他の相続人等に対して、その侵害額を請求することができます。

 これを 遺留分減殺請求 と いいます。

 

 

 遺留分対策

 

① 生命保険金は、受取人を指定しておけば、他の相続人に関係なく

  受け取れます。

② 死亡保険金については、死亡まで現金化されないので、無駄遣い

  することができない ⇒ 相続税の納税資金に

③ 生命保険は亡くなった人の相続財産とならないため、

  遺留分対策として、活用できます。 

 

 

相続遺言


上記についてアドバイスを希望していませんか?

まずはワンコイン相談にてお気軽にご相談下さい。

相続遺言