遺言書に対する誤解

  • 遺言書」を作るというと、縁起が悪いと思われる方がありますが、立会いをした私どもの経験から言いますと爽やかな気持ちになる方が、圧倒的に多いです。
  • 「遺言書」をいずれ残そうと考えているのなら、元気なうちがいいです。まだらぼけ状態で作るとかえってもめる元となります。
  • 売却を考えている土地があり、「遺言書はそれから」という方があります。

遺言書に書いた財産が無くても非難されることでもありませんし、法的に問題はありません。

  • 遺言をかいたら、家族から見捨てられやしないか」と心配される方があります。

遺言書はいつでも自由に撤回できます。どうぞ前向きに考えて下さい。     

相続遺言


上記についてアドバイスを希望していませんか?

まずはワンコイン相談にてお気軽にご相談下さい。

相続遺言