遺言書を遺した方がいい人とは?

<遺言を残した方がいい人>

・子供のいない人

・後継者を指定しておきたい人

・遺産争いが生じそうな人

・特別に財産を多く与えたい子どもがいる人

・特定の財産を特定の人に与えたい人

・家屋敷を配偶者に遺したい人

・子どもの嫁にも財産を与えたい人

・世話になった第三者にも遺産を与えたい人

・遺産を与えたくない相続人がいる人

・相続人が誰もいない人

・先妻(夫)の子どもに遺産を遺したい人

 

遺言は、遺言者自身の意思で、誰にどのくらいの割合で遺産を与えるか、具体的にどの財産を誰にあげるかを決めることができます。トラブルを防ぐだけではなく、感謝の気持ちを伝える役割も遺言にはあります。

<自筆証書遺言と公正証書遺言>

遺言で一般的に利用されているのが自筆証書遺言と公正証書遺言です。

自筆証書遺言は、自分で書いて作成する遺言書です。また、公正証書遺言は公証人役場で手続きを取ります。

双方の長所・短所は相反するものです。

詳しくは、杉浦相続相談室までお問い合わせください。

相続 遺言


上記についてアドバイスを希望していませんか?

まずはワンコイン相談にてお気軽にご相談下さい。

相続 遺言