状況が変わったら遺言書に見直しをしよう!

 

遺言書は一度作ったらもう安心というものではない。

 相続発生までに長いj期間が経過する間に、周りの状況や自分の考

えも変化する。
 それに合わせて遺言書の内容を変更しないと、いざ相続が発生した

ときに不本意な結果をもたらすことがある。

 例えば、10年前に父親が仲のいい長男に全財産をあげるという内容

の遺言書を作ったが、その後、長男が父親を虐待するようになったに

もかかわらず、遺言書をつくり替えなかったために、長男が全財産を

相続したケースがあった。

 生命保険と同様に、財産状態や人間関係が大きく変化したときに

は、遺言もそれに合わせて見直すのが望ましい。

相続 遺言


上記についてアドバイスを希望していませんか?

まずはワンコイン相談にてお気軽にご相談下さい。

相続 遺言