遺言書作成の心得

●遺言書とは、どういうものか?

相続遺言

  遺言は死後に自分の意思を伝える、

 法律で認められた手段。

  残された家族が遺産分割をめぐって

 争うことがないよう、自分の意思を正

 しくはっきり残しておく必要があります。

●遺言書を作成した方がいい場合

 ・相続人が子以外にいる。

 ・財産を与えたくない相続人がいる。

 ・相続権のない人に財産を分けあたえたい。

 ・特定の子に財産を多く分け与えたい。

 ・先妻の子と後妻の子がいる。

 ・遺産を公共事業などに寄付したい。

 ・内縁の妻や未認知の子がいる。

 ・相続になんらかの条件を付けたい。

 ・借金がある。

 ・自分の事業の後継者を指定したい。

 ・相続人が未成年である。

相続 遺言


上記についてアドバイスを希望していませんか?

まずはワンコイン相談にてお気軽にご相談下さい。

相続 遺言