遺言書の種類

  ●自筆証書遺言

   遺言者が遺言書の全文、日付、氏名を

   自署し、押印します。

  ●公正証書遺言

   2人以上の証人の立会いのもと、

   公証人が遺言書の口述に基づき、

   遺言書を作成します。

   原本は、公証役場に保管します。

  ●秘密証書遺言

   遺言内容は秘密にしたまま、その封印したものを公証人、

   2人以上の証人の前に提出し、自己の遺言書であること

   を証明してもらいます。遺言書は遺言者が全文自筆する

   必要はなく、ワープロでも有効。

   家庭裁判所の検認が必要です。

 

  遺言書は、法律的文章なので細かく書式が決められており、

 これにのっとらないと無効に」なります。

  上記の中で最も確実なのは、公正証書遺言です。

相続自筆遺言

 

 

 自筆証書遺言と公正証書遺言のちがいをまとめてみました。

相続遺言


上記についてアドバイスを希望していませんか?

まずはワンコイン相談にてお気軽にご相談下さい。

相続遺言