介護を尽くした義理の親の相続で、嫁が報われるには・・・

相続 遺言 養子縁組

1、遺言の記入を頼むこと

   法定相続人でない子供の妻(嫁)が

   遺産をもらうには、

   そうした内容を書き込んだ遺言が

   あればいい

   遺言は、法定相続に優先するからだ

   ただ、夫の両親に「自分に財産を残す

   よう、遺言を書いて」

   とは、言いにくい。

   本来は、嫁に介護を受ける夫の親が、

   自主的に嫁にこうした気配りをしておくべきだ。

2、養子縁組を結ぶ

   養子になれば、法定相続人となるので、仮に

   遺言が なくても、子供の妻も法定相続割合で

   分割を受けられる。

   最近では、介護に報いるためなどの理由で、

   子供の妻を養子縁組することも珍しくなくなってきた。

 

相続 遺言


上記についてアドバイスを希望していませんか?

まずはワンコイン相談にてお気軽にご相談下さい。

相続 遺言