遺言書作成(書き方)のポイント

相続遺言 橋本

 

死亡後、相続手続きができなければ遺言書を作成した意味がありません。

一人で抱えこまないで、まずは相続の専門家へ相談してください。 

相続遺言 ポイント

◆「遺言書」本当に必要ですか?

遺言書は必ず作った方がよい方と作らない方がよい場合があります。まずは、「自分は、どちらなのか」経験豊富な当事務所に是非相談して下さい。

ちなみに、子供のいない方は残された配偶者のため是非作成をお奨めいたします。

 

◆公正証書で作成する

遺言書には、自筆証書と公正証書があります。とりあえず「自筆で証書遺言」といった本がありますが、専門家でない方が作成した場合、無効となったり、かえって争いの火種をつくることにもなりかねません

 

◆遺産を特定しよう

不動産は、各々特定しましょう。

金融機関は将来変わることもある為『Aさんに預貯金から○○円。それ以外の預貯金は、すべてBさんへ』といった書き方もよいでしょう。

預金残高は不要です。

遺産を特定することで相続手続きがスムーズに行われます。

 

◆「書きモレ」対策をしよう

書きもれがあると、その書きもれ分についての遺産分割協議書が必要となり、結局争いの元になります。そのため「その他遺言者に属する一切の財産は、○○に相続させる」という一文を入れましょう。

 

◆予備的遺言も忘れずに

遺言者より先にもらう人が亡くなった場合に備え、あらかじめ記載しておくことです。 

  

◆葬儀費用、債務についても決めておこう

遺産分割で人間関係がドロドロになると葬儀費用を「誰が支払うのか・・・」でさらにもめます。

 

◆貸金庫を開ける権限を遺言執行者に与えておきましょう

記載がない場合相続人全員の同意が必要となります。

 

 

 

相続遺言


上記についてアドバイスを希望していませんか?

まずはワンコイン相談にてお気軽にご相談下さい。

相続遺言